資格

どうしても試験勉強が、はかどらないあなたへ

あ、はい、完全に自分の事なんですけどねっ((((( ;≧Д≦))))

只今、FP2級の取得を目指している真っ只中で、試験まで1ヶ月を切ったところです。

「そろそろ本腰を入れてやらないと間に合わなくなる。」

「なりふり構わず時間を費やして、頑張る時期だ。」

と、危機感を感じながらも、一向に上がらないモチベーションw

苦し紛れに、ブログの記事を書きながら、解決策を見つけようと模索します。

いや、そんなことしてないで、勉強をしろよ( ゚Д゚)、とw

すぐに飽きる

練習問題を2~3問解くと、直ぐに飽きてくるのは、割と重症で病んでるレベルです(笑)

少し、気が散って、休みたくなってしまいます。

そして、「歳のせいだな、きっと。」

などと、何か理由を付けて自分を納得させようとしてしまいますw

しかし、そんなことをしていても何も解決はせんのだよw

 

これも、理解度が進み、問題を解く時間が早くなってくると、気持ちも乗ってくる為、進み具合も大幅に変わってくるところですが、現段階でそのレベルには達していない様です( -゛-)

上手に気分転換を入れながら、続きを再開するといった事を繰り返すしかないと感じるのが現状ですかね~。

合格した場合の未来を創造する

無事合格すれば、お金に関する知識をより深く身に付けることができるでしょう。

・・・

・・・・・

・・・・・・・・・あ、はい、それだけです。

 

まぁ、ぼっちビルメンとして今後の人生を過ごしていくには、必要になるスキルなのは間違いないですけどねw

 

しかも、FP2級に合格したとして、その先に控えている、特級ボイラーやエネ管の試験・・・。

あ、何か、嫌になってきた(笑)

不合格となった場合の未来を想像する

基本的には、諦めるなどという選択肢は最初からない為、不合格となっても再挑戦は必ずすると思います。

それを考えると、再挑戦で、また同じ試験勉強の苦しみを味わうのは絶対嫌だと、今まさに自らに言い聞せているところです。

ひと通りの問題を解いてみた感覚では、FP3級の知識で答えられる問題も少し残しつつ、より突っ込んだ知識を問われる問題が多くなり、時間を掛けて繰り返し問題を解き、覚えていかなければならないな、と感じています。

はい、合格する為の道筋は見えているはずです。

ただただ問題を繰り返し解くだけですw

あぁ、わかっていてもそれができない。

刺激を受ける仲間・ライバルを見つける。

ぼっちにはムリムリw と、言いたいところですが・・・

今時は試験勉強のスマホアプリを利用して勉強を進めていくと、同じアプリを使用して試験勉強をしている人達のランキングを見れたりするので、そこから刺激を受けることもできたりします。

正答率は苦手な問題にチャレンジするとどんどん下がっていきますw

因みに、FP2級の合格ラインは60点以上なので、60%以上の正答率を維持する必要があります。

総学習時間もまだまだですね~。

ランキング一覧で、このアプリを利用している人の学習の進捗状況の順位が確認できます。

上位100位の人のニックネームが確認できますが、現段階でそこまで学習できている方は、十分合格圏内に入っているくらいではないかと勝手に推測し、ライバル視したりしています。

 

この様に、最近はスキマ時間を利用して、スマホだけで試験勉強を進めていたりしています。

テキストを利用した方が、全体的な内容を理解する事ができそうですが、モチベーションの上がらない中、やむを得ずスマホアプリメインで問題を解いていくという手法を選択しています。

気分転換には、ストレッチや筋トレ

気分転換にはいいかもしれません。

まぁ筋トレなんて始めた日には、そのまま筋トレに集中してしまったり、逆に疲れて昼寝タイムに入ったりしかねませんが・・・。

いざ勉強を始めようとやる気が出る頃には、夜になっている。なんてパターンは割と最近やりがちだったりします。

効率的なリフレッシュの仕方は、意外と難しかったりするのかもしれません。

集中と休憩のメリハリ

今後の方針。

自分で始めた事ながら、どうせやらないといけない事なので、やる時は集中して行い、休憩する時は、なるべく短時間にしてゆっくり休む。

と、自分に言い聞かせるw

また、この記事の体裁は後々整えるとして、取りあえず現状の心の叫びを吐き出してみました(笑)

これで、少しは試験勉強が捗れば良いのですが・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.